読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

交渉ベタのための交渉術

交渉をする場面は、どんな役職であれあると思う。

「この設計をこういう風に見直してほしい。」
「これぐらいの料金ならいかがでしょうか。」
「これをするので、この条件を飲んでもらえないですか。」

こうした場面の際に、「いや〜無理ですね」と言われて黙り込んでしまう人はいないだろうか。

先日もそういった場面に出くわした後輩がいて、どうすればいいか相談に来た。

色々と聞いてみると、その後輩は
「自分がこういう条件を提示しても飲んでくれない」
「こちらが必死に考えて出した最善案に対してNoと言われた場合、それ以上どうすればいいのか分からなくなる」
と話していた。

なるほど、俺も辛い時期があったよ。
では、どうすればいいのだろうか。

まず最初に、交渉の場では段階があることを知らなければならない。
どのような段階があるか、下記にまとめてみた。

1. お互いにとって最高のシチュエーションを共有する
  つまり、相手にとって何を最も望んでいるのか、ここで知る必要があなたにはある。
  そして、自分にとってこういうことを相手にしてほしいと望んでいると相手にストレートに言おう。

2. なぜそのシチュエーションが必要なのか、問題点を挙げて説明する。
  今どのような問題を抱えているのか、それを踏まえてあなたの主張の補強をしてほしい。
  ここで重要なことは、その問題は相手にとってどれほどの痛みかを重視して説明すること。
  そして上級者はここで提案するものが、相手の望みに近づけることができることを伝える。

3. 自分の提案するもので、何が問題であるかを相手と整理する。
  例えばお金や時間などのコストがどれほどかかるか、相手にとっての問題点を整理する。
  ここで気をつけるべき点は、2番を繰り返さないということ。
  もし2番を繰り返してしまうと「自分の提案はすんごくいいんです」→「だめなものはだめ」
  と一方的な会話になってしまいがちだし、お互い守るべきものを守るために感情的になってしまう問題点がある。
  そして、なるべく早めにこの整理を終わらせることも重要だろう。
  この議論は問題整理のためにやっているのではなく、相手に近づくための議論。
  問題整理の渦に巻き込まれると、より相手との溝は深まる。
  沈黙してしまう原因の8割は、ここにある。

4. 自分の提案するものが将来どのような必要性を持っているのか、相手に説明する。
  例えば、将来的な教育コストの削減。1番の魅力やあなたの感じている魅力は何か訴えかける。
  楽しさなど基本欲求に訴えかけるものでも良いと思う。それが将来的にどのようになるのか加えると、相手もイメージしやすい。
  3番でお金が原因で進まなかった議論も、楽しさを届けるためならどうすればいいのだろうか。と、
  相手にも、その魅力がこの4番で伝わり、考えてもらえる。相手にとっての踏みよってもらえる瞬間。

5. 解決策を議論する。
  こちらが妥協できる部分は、こういった場面です。と自分が惜しみない誠意をかけていることを伝えよう。
  そして3番ではなく、2番と4番を重視して伝えよう。そうすれば、3番の妥協を相手はしてもらえる可能性が高くなる。


基本的に練られた提案はこの手順を踏むだけで、かなり解決する。
一般的な交渉術の書籍に書かれているテクニック、例えば言葉遣いであったり、1日寝かせるであったり、色々とあるが基本の「き」はこの手順を踏むことだと思う。そして、その手順を踏んだ上で交渉テクニックを使えば、さらに確率を挙げられるということ。

0に何を掛け合わせても0であることと同じで、手順がバラバラだと1にすらならない。0のままだ。

発声練習

福島の農産物に関してNHKの番組でプレゼンしたのは、マジでメンタルきてた。

こんな会津に来て三年目の震災未経験者が語っていいものか、とてつもなく考えさせられたよね。
12月の放送観たら分かるかもやけど、カメラの前で泣いたからねw


逃げちゃったよー。
福島の原発事故を自らの言葉で綴るのはあまりにも薄っぺらくて無理だと決めつけていたんよね。
それに対して、カメラに出て伝える人間が「逃げるな」と教えられて思わず泣いてしまったよ。

言葉の重み、自分の雰囲気、背景などを考えれば考えるほど、自分はなぜこの場にいるのだろうかと。
テレビの企画に乗せられた感から自分自身の罪悪感が増すばかりで、どうしてもプレゼンをつくることが出来なくてね。

多分、練習不足な学生とだけ見えるんじゃないかなー?
重い部分はオールカットな気がする。で、練習不足な学生が練習不足を指摘されて泣いてるみたいな感じに、知らない人は見えられると思う。


ほんと周りの人に支えられて生きてるんだと感じるよ。
今回、プレゼンの際に協力してくれた会津の方々のおかげよね。
東北の人たちの人柄がまた、そう感じさせるよねー。

神戸に住んでいたときは、どれほど狭い価値観の中にいたのかと、東北に来て感じてる。

言葉にしない声を汲み取るのに、とても苦労するけれど、それが東北の奥ゆかしさだよね。
多分、一生東北を心のふるさとだと感じ続ける。


会津会津に自ら触れていかないと良さや面白さが分からないと思う。
会津の三泣きってあるけれど、一泣きって「会津人の人の冷たさで泣く」やん?
でも二泣きが「会津人の人の温かさで泣く」から、接し続けないと感じ取れないことの言い換えよね(笑)

でもやっぱりその地での出会いがいいものじゃないと、故郷にはならんよー。
友人は町内会の催促とか、色々と近所と揉めてて会津大嫌いって言ってる。
そんな話を聞くと、さらにやっぱり周りの人に支えられて生きてるんだと感じる。

news.aizuya.mobi

Dear

こころを共鳴したい。

ひとに伝えることは演じることか。

共鳴するために先頭をきる度胸とビジョン。
ここにはあるはず。

聞いている人のこころを乗せる話し方や伝え方は何か、それを学んでいる。
汲み取れ、全身で。伝えろ、全身で。

演じているのではない。
共鳴させようとしているのだ。

こころよ、響き合え。

「難しい」という言葉の使い方は「難しい」

このところ、なんとなくなんだけど「難しい」という単語を簡単に使わないようにしている。この単語を使うと難しい自称に対して簡単に収めてしまっている気がしているからだ。

ただ、人に対して説明するときに「難しい」という単語を使うと伝わりやすい。特に悩みを打ち明けるときとかは、その聞き手になる側の人にとって難しく考えていないかもしれないのだから助言を貰えるキッカケにつながるかもしれない。

自分自身の考えをまとめる際に使う単語と、相手に説明するときに使う単語を区別していくと、難しいことに対しても何らかの解決策を紐解くキッカケになり得るのだ。

時間のあるときにやっておきたいこと

自分の成長のために使う時間を最優先したい。

最近、人付き合いのために自分の時間を使うことが多くなった。あまり面白くないだろう飲み会でも、参加してみるまで分からないと思って参加するのだが、大抵失敗する。

はじめから参加しないと決めて参加しないことが1番かもしれないが、たった5%の成功率でもその5%にかけたい自分がいるのです。

さて、いま自分のやりたいことは自分が働くかもしれない場所の事業について考えることです。どのようなプランを採用し、実行に移し、次へと生かすのか。その下にどのような考えがあるのかを考察するのです。

きっとその企業以外にも同じ考えのもと、やっている企業もあるだろうし、将来的には自分にとって役に立つことだと信じている。

ただ、自分の成長のために時間を割くことをついつい先延ばしにしてしまう癖があるので、こうやって文章化しています。

公開している理由は、将来の自分がまたブログを遡った日に見てもらうため。

以上、ステマでした。

自分(2016/09/24)

考えている幅が狭い。

自分の考えている範囲内では極めて論理的に考えられるが、少しでも外れてしまうと自分の考えていることから逃げ出すことができずに、ただただ固まってしまう。「そうか」と受け入れるしかなくなってしまうのだ。

なんとかしたい。

子どもの未来

「子どもの未来は、つまんない大人になること」
どういう大人になることが大切なことではない。

「子どもの間に、何を見て、どういう体験が出来ているかが1番大事です」

大人にできることは、子どもたちと一緒に体験は出来ないけれど、時間と場所を提供することができる。
その瞬間にできることをしないと、もう二度と出来ない。

「子どもの時間はどんどん失われていくのだから…。」