思考履歴

あなたの時間を無駄にする、自分のためのブログ。

如月 Kisaragi

触発された
upamune.hatenablog.com

毎月,月末に「あれ,今月なにもやってなくないか...?」と考えて最悪な気分になるので,毎月やったことをメモしていこうと思う.

2月は進捗が酷すぎたので今月からやろうと決意。どれだけ酷い状況でもLet it goしていこうと思う。
最初だからこれをやること目的を自分なりにまとめてみると

  • 進捗が見えにくて泥臭い基礎的な数学などの勉強を少しでもやる気づけるため
  • 理論だけじゃなく実装も兼ねて行うことで包括的な学びを得るため
  • 机上の空論で終えるのではなく実際に再現性を自分の論文に持たせるため
  • 何よりも修行僧が言っていたような絶望を月末に味わなくて済むようにするため

案外考えてみるとたくさん出るもんだな。
コンピュータ・サイエンスという机上の空論で終わりそうなトラックなので進捗が見えにくく、あまりパッとした成果が出ない+実装までやる人が少ないからなるべくコードも書きつつ基礎的なところもしっかり勉強するよう、今のうちから自分にムチを打っておく。


で、


勉強したこと

  • 応用代数(特に群、環)

体まで行いたかったが分かりやすい文献やサイトになかなか出会うことができず、難しかった。
今のところ、研究には群論だけでなんとかなっているので本当に勉強しないといけないときにやる感じで

下記のサイトには本当に助かった。群論の基本的な考えを得られた。
blog.visvirial.com

あとビットコインとブロックチェーンに関してもこのサイトはわかりやすく書かれていて助かったのでおすすめ
blog.visvirial.com

  • 圧縮センシング

1番今月取り組んだことはほぼこれに終わる。
指導してくれている教授にこれを読めと言われて読んでいたが個人的にかなり高度な感じだったので100%理解はまだしきれていない。だけどこのままずっと足踏みするのもアレなので、来月やることを終えてからもう一度やるつもり。
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/kokyuroku/contents/pdf/1803-03.pdf


実装したこと

  • Pythonによる圧縮センシングの実装

東山温泉の開発合宿の際に圧縮センシングのPythonライブラリを使ってみた。
ランダムに生成した辞書を用いて基底やαの値を変えてみたり色々したが、基底を大きくすると再現度が高まる。ただしその分画像に含まれるノイズが多くなるって感じだった。圧縮センシングの仕組みだけじゃなく、機械学習の手法(特に辞書、というか基底の集合)に関することまで学ぶ必要があったからこの学問の全体像が知れてよかった。
f:id:yuta-horn:20160301020548p:plain
上の写真は左が元画像で右側に行くにつれて基底の数を増やしている。

今月の上旬に期末考査があったおかげで勉強したいことができず、しかも期末後に遊びまくったのがヤバかった。スプラトゥーンやりすぎたw
でも下旬に開発合宿があったおかげで読んでいた圧縮センシングの論文の実装に取り掛かれたのがよかった。そこから流れが変わり、実装することによって「あれここはなんでこんな風にすれば上手くいくんだ?」という風に自分の足りない知識や必要なところ、関連して学ぶところが見つかってよかった。来月は基礎的な数学から機械学習に関する予備知識、最適化問題にまで進めれたらと思う。