卯月 Uzuki

4月

毎月,月末に「あれ,今月なにもやってなくないか...?」と考えて最悪な気分になるので,毎月やったことをメモしていこうと思う.

yutasugii.hatenablog.com

で、今月の進捗状況は本当に酷い。
3月は春休みだったってこともあったけれど、それを考慮しても酷いので戒めの月として記録しておく。

勉強したこと
量子アニーリング方式について
今月はじめに自分のバイト先で勉強会の担当になったので、量子アニーリングに関してのプレゼンをするために勉強したということと、研究室で最適化問題に関する論文をいくつか読んでいたということもあって自分の中のトレンドだった量子アニーリングについてみっちりやった。
そもそも量子力学とは何か、量子アニーリング方式を用いたD-Wave社の量子コンピュータはなぜ量子力学を用いて動いていると言えるのかなど結構深くまで勉強した。

量子アニーリング(Quantum annealing)は,量子効果を制御して,多変数1価関数(目的関数)の最小値を探す問題(最適化問題)を解く手法である。

出典: 量子アニーリング(西森秀稔)

読んだ本
現代物理学の古典ですな
www.amazon.co.jp

・その他物理学
量子アニーリングを勉強していると量子力学の闇にハマって、理論物理学の世界にドハマリしていたので色々勉強していた。
特にニューヨーク大学の講義はとてもおもしろかった。おかげで量子力学の現実での応用例や、超ひも理論、そして万物の理論への発展性とアインシュタインの残した宿題について色々知見を得ることができた。
何より「数式を読む」習慣がついたのは今後研究していく中で活かせそうだ。

実装したこと
研究分野について書かれた2010年頃のWIREDの記事をMatlabで実装した。
しかし記事のようにオバマ大統領の顔写真に載せたノイズをなくすことができず、輪郭線がどんどんあやふやになっていく奇妙なソースコードを完成させてしまった。原因は今だに突き止めれていない。(←完全に勉強不足)
www.wired.com


と、この月は研究分野に関しての勉強がほぼほぼ進んでいない状況で、本だけ図書館から借りて自己満足していた。
なので、来月は「これを読む」など目で見てわかる進捗を作っていけるようにしていく。