思考履歴

あなたの時間を無駄にする、自分のためのブログ。

「難しい」という言葉の使い方は「難しい」

このところ、なんとなくなんだけど「難しい」という単語を簡単に使わないようにしている。この単語を使うと難しい自称に対して簡単に収めてしまっている気がしているからだ。

ただ、人に対して説明するときに「難しい」という単語を使うと伝わりやすい。特に悩みを打ち明けるときとかは、その聞き手になる側の人にとって難しく考えていないかもしれないのだから助言を貰えるキッカケにつながるかもしれない。

自分自身の考えをまとめる際に使う単語と、相手に説明するときに使う単語を区別していくと、難しいことに対しても何らかの解決策を紐解くキッカケになり得るのだ。