思考履歴

あなたの時間を無駄にする、自分のためのブログ。

完全に壊れていた。

特にここ数日間、1ヶ月前に差し迫ったイベントの準備で身も心もボロボロになっていた。
何より堪えたのは、まわりにいる人たちがこの企画でどんどん不幸になっていることだった。
お金もなくなる、時間も取られる、現実と希望の狭間で苦悩する。

それらってやりたいことのために多少の犠牲を払ってでもやろうとすることだから、やりたいことでしょう。
でも、やりたくない状況だった。

精神的に壊れていた。
犠牲を払ってでもやろうとするが、何かしら問題があれば担当者の責任、自分は関係ないと言わんばかりの塩対応。
完全にバカでガキだった。

まるでヱヴァQを観終えた後の喪失感が漂っていた。
自分のやりたいことに巻き込まれた人たちがどんどん犠牲になっていく。
喪失感と虚無感が完全に心を支配していた。


それに比べて、これまで出会ってきた大人の人たち(特に社長さんたち)は
「面白い」組織空間を創り出してきた方たちばかりだった。
そういった人たちの考え方は「面白い」を大切にしていた。

一方、自分は理論をガチガチに固めて「なぜ、これをしなければならないのか」という理論で責めていた。
そうすることで何がやりたいのか、自分の中で見失っていたのだと思う。
義務感と責任感、これらに押し潰されて自分は壊れていった。

逆にやりたかったことはなんだろうか。
やっぱり、こんな状態でもやりたかった元々の気持ちっていうのは忘れていなかった。
本当にやりたかったことはこんなことだろうか。
自分ってこの程度だったのだろうか。

いや、まだまだいける。
まだ頑張っている仲間がいる。
期待してくれている人もいる。

もっと前へ、もっと深く、もっと強く進んでいかなければならない。
もっと優しく人に接して、もっと面白く世界観を変えて、もっと自分の描く未来像を確かなものにしていきたい。

そう思ったときにやることが、いっきに道がひらけた気がした。
なぜこれをやっているのか、どのようにしたらいいのか、何をやろうか、すべてが一気に目の前に現れたのだった。

(本稿は2016/8/12 23:29:51に作成されたものです)