正義とは

正義とは、悪が存在しなければ成立しない。

もし相反する2つの正義がこの世に存在する場合、その正義とは正義であり、罪でもあるのだ。

それを認識できない人のことを、人は「信者」と呼ぶ。


人は誰しも宗教を生み出し、
人は誰しも信者となり得る。

自分の見ている世界こそ、
現実だと認識したがる。

その事実こそ、感情的で、
人間身のある人であると、
人は言うのではないだろうか。