Dear

こころを共鳴したい。ひとに伝えることは演じることか。共鳴するために先頭をきる度胸とビジョン。 ここにはあるはず。聞いている人のこころを乗せる話し方や伝え方は何か、それを学んでいる。 汲み取れ、全身で。伝えろ、全身で。演じているのではない。 共…

「難しい」という言葉の使い方は「難しい」

このところ、なんとなくなんだけど「難しい」という単語を簡単に使わないようにしている。この単語を使うと難しい自称に対して簡単に収めてしまっている気がしているからだ。ただ、人に対して説明するときに「難しい」という単語を使うと伝わりやすい。特に…

時間のあるときにやっておきたいこと

自分の成長のために使う時間を最優先したい。最近、人付き合いのために自分の時間を使うことが多くなった。あまり面白くないだろう飲み会でも、参加してみるまで分からないと思って参加するのだが、大抵失敗する。はじめから参加しないと決めて参加しないこ…

自分(2016/09/24)

考えている幅が狭い。自分の考えている範囲内では極めて論理的に考えられるが、少しでも外れてしまうと自分の考えていることから逃げ出すことができずに、ただただ固まってしまう。「そうか」と受け入れるしかなくなってしまうのだ。なんとかしたい。

子どもの未来

「子どもの未来は、つまんない大人になること」 どういう大人になることが大切なことではない。「子どもの間に、何を見て、どういう体験が出来ているかが1番大事です」大人にできることは、子どもたちと一緒に体験は出来ないけれど、時間と場所を提供するこ…

『ズートピア』を観た

観た人に感想を聞いたら、全員いい評価だったので観てみた。www.disney.co.jp 最初の方は動物をモチーフにした映像なのに、ストーリー自体がとても辛い現実で観ていて胸が苦しかった。しかし、ストーリー展開のテンポがとても良く、観ていて飽きることがなか…

極論を提示してくれる人は本当に大切

何か悩んだときに極論を提示してくれる人は、最適解を提示してくれる人よりも大切にすべきだと思う。 これほど自分を成長させてくれる人はいない。人は1つの問にしか悩むことができない。 抱えることはできるが、1度に悩み考えることは1つしかできないと…

『シン・ゴジラ』を観てきた

評判の良い『シン・ゴジラ』を観てきた。www.shin-godzilla.jp 音楽はエヴァと伊福部さんを合わせた感じ。 ギャップ差が激しかったが、違和感はそこまでなかった。 観ていて「あ、伊福部さんだ」みたいな感じ。 素直に受け入れられた。ただ、問題はエヴァの…

年齢による『ファインディング・ニモ』の観え方の違いについて

最近『ファインディング・ドリー』を映画館で観たので、『ファインディング・ニモ』も久々に観直した。ファインディング・ニモ (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る子どもの頃に観たときと20を過ぎた今観終えて、全…

今の世の中で起きていること

終身雇用が終わりを告げ、常に自身の市場価値を意識しなければならない時代が来ている。そんな時代にはサロンのような各分野のエキスパートが集まった場作りが求められている。名付けるとしたら「リアルWikipedia」。しかもそういった場では、個人として必要…

西の夜空の星座が舞う頃に

不定期だけれど、一様続いているジョギングをしていた。この季節になると夜空がとてもきれいにみえる。 会津の冬はほぼ曇りで夜空が見えないことが多いのだけれど、 夏場になるとほぼ晴天でとてもきれいな星々がみえる。今日、西の方に向かって走っていると…

数ヶ月先の計画

とにかく今は時間がない。 けれどもアルバイトをしてお金を溜めている。 それは数ヶ月先に待っている計画のためだ。 では、何をするのか。将来の自分の思考整理のために、ここに記しておく。最初に 数ヶ月先とはいつのことか。 ここでは10月からのことを指し…

資格は取るべき

以前こんな記事を書いた。 yutasugii.hatenablog.comこのときは自分の脳力を客観的に相手に伝えるために資格は有効であることを、個人的な経験から述べたものだった。さらに先日、先輩との飲み会時に資格を取るべき理由を学んだ。それは、その資格を取るほど…

数学の美しさは理論さえ合っていれば正しいということだ

だれでも判断できる「正しさ」は強い。 まるで印籠のように、出せば「正しさ」は証明される。しかし、人の考えることや行い自体の正しさは理論では賄えきれない。 なぜなら人は感情の動物だからだ、ということを最近身にしみて感じている。先日飲み会の席で…

何をしたいか悩んでいる人へ

The first sight after going off the ordinary rail | wasabi | TEDxYouth@Kobe youtu.be 自分は何がしたいのか考えなくてもいいシステムにいる 選択をするという経験が浅い。そのために1つの選択に対してまるで人生が成功する、失敗するというような大き…

迷いとこれからやること

今、将来について悩んでいる。コンピュータ理工学部学部3年の自分。もともとこの大学に入ろうと思った理由は、あらゆる産業にITというレイヤーが入ってきているから。これまでの義務教育下では、ITについて学ぶ機会が全く無かった。「コンピュータはなぜ動…

政治家はハードじゃなくてソフトにお金をかけろ!

コンピュータの話じゃなくて、政治的な話。大人の人ってハードウェア、いわゆる箱物にお金をかけたがる。 でも、それっておかしいと思う。文化が育つ場所は箱物が建ったからではなく、人がいるから。 そこの本質を見分けれていない大人があまりにも多すぎる…

TEDxに参加することは世界を動かすキッカケになる

このトークを観ていた 『ヒュー・エヴァンス:「地球市民」としてみんなで世界を動かそう』 www.ted.com このトークを観て、彼のパッションに即発された人は「具体的に何をすればいいか」と考えるかも知れません。 僕はまずは地元で開催されているTEDxに参加…

交渉がうまくいくことは、案外気持ちよくない

交渉がうまくいくことは、あまり心地よくはないことを知った。もちろん、うまくいくことや共感して協力してもらえる方がいることはとても有り難いことだし、これ以上に嬉しいことはない。 だけれども、交渉がうまく言った瞬間に、次は何をしようか、あれをし…

ひとは何を幸せだと捉えるのか

昨日、幸福について2つのTEDトークを観ていた。 ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から www.ted.comダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎 www.ted.comどちらのトークも幸福な人生を歩むためには近い人間関…

TOEIC(とか)は受けるべき

個人的に権威付けられたものがあまり好きじゃないヒッピーなので、TOEICとか大学1年のときのときに無理やり受けさせられたとき以来受けていなかった。TOEICや実力が測れる資格はちゃんとこまめに受けておくべき(最低でも年に1回ぐらいは) なぜなら「第3…

人生の目的〜生きる意味

自己啓発書を大量に読み漁った先に待っていたものは、人生の勝ち組になる方法でもなく、給料が保証されることでもなく、ただただシンプルな提言だった。それは何でもいいからやってみるということ。それで儲けるか、儲けられないかは自分次第。 どのような人…

立体的人間関係について

この前考え方についてこんな記事を書いた yutasugii.hatenablog.com一言で言ってしまえば立体的な考えをすると物事を多面的に捉えることができ、その本質に近づけるということなんだけれども、それは人間関係についても言えるのではないかと思った。特に日本…

文章力を上げたい(意思表明だけの内容)

この前、バイト先のブログを書いた。 www.nowhere.co.jp実はこのブログ記事を書いたのは1ヶ月前で、担当日がようやくやってきて公開された記事なんです。 普段、自分自身の文章は読まないので「久しぶり」と感じる文章を読み直してみると、まぁー読みづらい…

平面的な判断からの脱却と立体的な思考

ある物事に対して、良いか悪いか、のようにジャッジは必ず必要になる動作だ。 しかし、世界に無数のある事象に対して2択の中でチョイスをすることはかなり難しい。 あるニュースを観て、これは良いな悪いなと判断しづらいときがある。 もしかしたら殺人事件…

考えすぎる

最近全く眠れない。 アイデアや考えが布団に入った瞬間に溢れ出てくる。疲れてはいるはずなのに。そして色々と調べたら「紙に書け」という。 紙に書いたらもう止まらないね。一種の研究並みにノートを使い切ったり、検索しまくったり、それは完全に自分の中…

卯月 Uzuki

4月 毎月,月末に「あれ,今月なにもやってなくないか...?」と考えて最悪な気分になるので,毎月やったことをメモしていこうと思う. yutasugii.hatenablog.comで、今月の進捗状況は本当に酷い。 3月は春休みだったってこともあったけれど、それを考慮して…

弥生 -Yayoi-

3月にやったこと総まとめ月末にやるつもりだったけれど、少し前に出しておいて今月やることのスパートをかけるようにしようと思った過去にやったことを述べるのも、振り返る意味ではいいけども、近い将来「これをやります」って断言する場も自分を伸ばしてい…

如月 Kisaragi

触発された upamune.hatenablog.com 毎月,月末に「あれ,今月なにもやってなくないか...?」と考えて最悪な気分になるので,毎月やったことをメモしていこうと思う. 2月は進捗が酷すぎたので今月からやろうと決意。どれだけ酷い状況でもLet it goしていこ…

「まぁ、いいか」という考え

センター試験まであと一ヶ月を切っているらしい。 www.keinet.ne.jp自分も高校生の頃、1年後に迫ったセンター試験、そして2次試験のために大好きだった部活を諦め、将来のために受験勉強に臨んだ。ゆとり世代と揶揄された世代のわりには頑張ったと自分では…